レビトラがジェネリック医薬品のバリフで安く入手できる

バリフとは、インドで製造されているレビトラのジェネリック医薬品のことです。
レビトラとはバイアグラに続く第2のED治療薬であり、ドイツのバイエル社が開発したバイアグラの改良品とでも言っておきましょう。
バイアグラは食事の影響を受けやすかったので空腹時の服薬が奨められていましたが、レビトラではこの問題は解消されており、標準的な食事なら食後でも服用することが可能です。
また、レビトラの主成分バルデナフィルは水に溶けやすい性質があるので、効果時間が早く即効性があるのが特徴です。
そのため服薬から15分~30分程度で効果が現れるとされています。
バリフは、このレビトラの後発医薬品(ジェネリック品)として誕生しました。
主成分はレビトラと同じバルデナフィルですので、効能・作用もレビトラと同じものが得られます。
食事の影響を受けにくいので服用のタイミングは原則を選ばず、即効性があるので慌てて服薬する必要もありません。
服薬のストレスが軽減されたというのは大きな利点です。
このようにレビトラと比べて作用に大きな差がないにもかかわらず、レビトラに比べてバリフは薬価が安いというのが特徴です。
レビトラは1錠1,500円~2,000円ですが、バリフは150円~300円ほどの価格で購入することができます。
この薬価の安さはジェネリック医薬品の最大のメリットでもあります。
ただしバリフはインド国内のみで認可されているジェネリック品であり、日本での販売認可はされていない医薬品となっていますので日本国内で購入することができません。
よって、入手する場合は個人輸入を活用することになります。
個人輸入にて入手するには、個人輸入代行業者を活用することになりますが、難しい手続きがあるわけではなく一般的なインターネットショッピングと変わりない方法で購入することが可能です。
ただし海外取り引きですのでリスクがゼロとは言えず、偽造品も出回っていますので注意は必要です。
偽物をつかまされて服用してしまうと効果が出ないどころか健康被害も懸念されます。
体内に入れるものですので、安全性に関しては十分に考慮する必要があるでしょう。
また、正規品であっても用法用量を守って服薬しなくては健康障害、最悪の場合は死に至ることもありますので正しく服用してください。
これらを守ればトラブルなく、安全に服用できる効果的な医薬品となっています。
さて、個人輸入を行うネットサイトは複数ありますので、どこを活用したらいいのか迷うところですが、口コミなどを参考に信頼できるサイトから購入するようにすることが大切です。
HPの内容が見やすくも詳しく表記されている、問い合わせにきちんと回答してくれる、正規品保証があるなど様々な要点を比較してみてください。
最近では誇大広告も少なくはないですが、表面的なものに騙されないという意識も重要です。
個人輸入は簡単にできる分、自身で注意するようにしましょう。

Comments are closed.